気になるリスト 賃貸 0 売買 0 テナント 0

貸したいオーナー様へ

FOR OWNER

空室に対する不安、下がり続ける賃料、増える支払い、情勢と共に増加する賃料滞納等のトラブル…不労所得であり収益を生むはずだった物件がいつしか大きなストレスに。こういったお声を聞く事は少なくありません。近年不動産賃貸の情勢は大きく変化しており、顧客のニーズをしっかり把握しなければ無駄な出費、余計な心労がかさんでしまいます。的確な判断、迅速な対応をモットーに、安心してお任せ頂ける不動産のパートナーとして管理を行っておりますので、ご相談だけでもお気軽にお声掛け下さい。

タフトに任せて安心!な
4つの理由

理由1

仲介として現場に携わり、入居者の意見をリアルタイムで収集

空室は運営に際して極めて密接なもの。肝心なのは空室になってからいかに早く入居申し込みを頂くか…という点です。放っておいても入居申し込みがあったのは昔の話。「問い合わせはそれなりにあるのだけど…」「案内は来ているみたいだけど…」しかし決まらない、という事をよく耳にします。

そういった「なぜ?」に対応するため、タフトは管理だけではなく常に仲介としても現場に身を置き、管理と仲介、オーナー・管理会社・リフォーム業者・そして借主と全ての声を拾います。その物件の短所は何か?長所は何か?総合的に判断した上、短所は補い、長所を伸ばす。

その手法を繰り返すだけであっという間に日の目を浴びた物件は数知れず。家賃を下げるだけ、お金をかけるだけが入居率を上げる手法ではありません。「最低限の投資額で最大限の利益を得る」この提案を実践するために、日々研鑽を欠かしません。故に豊富な空室対策、高い入居率を維持する提案力がタフトにはあります。

理由2

クレーム対応も、家賃の入金管理も、退去精算も。
煩わしい業務は全てお任せ。

騒音問題、違法駐車、水漏れ、ゴミ捨て問題、家賃滞納回収…etc。建物を運営していれば日常で起こりうるトラブルです。こういった諸問題は法律の関係、そして入居者との感情的な部分もあるため、すぐに解決する事が難しい現状がございます。

タフトではそのような煩わしい作業をオーナー様の代理として解決し、無駄な心労を減らします。但し、私達で全て代行するだけではなく、しっかりとオーナー様とご相談の上でご意見を取り入れ、入居者の心情を察知しながら一つずつ問題を解決するようにしております。

そうする事によって関係者全員の気持ちが和らぐため、時にはスピーディーに、時間を要する時には徹底的にお話し合いを重ねます。そうすることで、一時的な問題解決ではなく諸問題に対し完全にクリアできるように日々業務に取り組んでおります。

理由3

良い所も、悪い所も。集客力抜群のオリジナルサイトでの物件公開

元々仲介業務をメインとして行っているタフト。「物件の良さを全て引き出す」事をコンセプトに立ち上げた、自社のホームページを運営しております。写真の掲載件数が多いサイトも増えてきていますが、タフトでは件数が多いだけではありません!

360°カメラの導入によりWEBでもスマートフォンでも好きな方向に回して室内をくまなく見渡せます。また、一つ一つの物件に最大1,000字以上のコメントを掲載し、借主に対して余すところなく良さを伝えております。物件の良い所だけを掲載する事が正攻法と考えられがちですが、タフトではあえてその物件の悪い所も掲載。

日当たりが悪い、間取りが狭い、除雪状況が悪い…写真だけでは判断しかねる部分を表面化します。「あまり悪い所を掲載すると入居に差し障るのでは…」とご心配のお声も少なからず頂く事もございますが、ご安心下さい。いずれにしても入居後には分かる悪い点を表面化すると反比例してその良さが引き立ち、「住む前に色々と分かって良かった」というお声をよく頂きます。この満足度の高さが、入居後のトラブル軽減につながり、早期退去を防いでいるのです。それを物語る数字が95%以上の入居率と考えております。

理由4

建物の「問題」は予防がベスト。毎月の建物巡回を欠かしません

雨漏りや落雪、凍害、凍結など過酷な雪国の環境下に晒される建物は常にトラブルの原因を抱えている状況です。建物は人間と全く同じと言っても過言ではありません。若いころはすぐに治る風邪も年を重ねていくごとに治りにくくなったり、病気などのリスクも向上したり。建物で言えば外壁の劣化、屋根の劣化によっておこる漏水や外壁サイディングの凍害等が主だったところであり、これらを放置すると後々大きな出費となってしまいます。

年数が経てば経つほど顕著に表れ、例えばスノーダクトからの水漏れが発生した場合はスノーダクトの補修だけではなく入居者にも被害が及び、内装費用や家財への補償も発生します。そういった事を最低限に抑える為、巡回で気になる事があればまずは巡回報告書でご報告。お金を掛ければよいのではなく、現時点での収支がどのようなものか。また、どのような環境下でこの建物を運営しているかによって、ご提案から実行への流れも変化致しますので、大きな出費が発生する場合はヒアリングを欠かしません。

何かトラブルが発生する前の補修という予防注射を行う事によって、オーナーの被害を最小限に食い止めます。
管理や募集の依頼はコチラ
PAGETOP